トップ > 会社案内 > 施設概要












■施設能力■
焼却プラント 1400平方メートル
保管棟 900平方メートル
処理能力 60トン/日

■中間処理品目■
産業廃棄物
(焼却)
汚泥・廃油・廃酸・廃アルカリ・廃プラスチック類・紙くず・木くず・繊維くず・動植物性残さ・ゴムくず・金属くず・ガラスくず・コンクリートくず(工作物の新築、改装又は除去に伴って生じたものを除く)及び陶磁器くず

産業廃棄物処理物(判定基準に適合しないものを含まない。) これらのうち廃プリント配線板、廃容器包装を含み、自動車等破砕物、鉛蓄電池の電極、鉛製の管又は板、廃ブラウン管、廃石膏ボード、石綿含有産業廃棄物及び特別管理産業廃棄物であるものを除く。
特別管理
産業廃棄物
(焼却)
廃油
(揮発油類、灯油類、軽油類)

廃酸
(pH2.0以下)

廃アルカリ
(Ph12.5以上)

感染性産業廃棄物

特定有害産業廃棄物
・廃油
(トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、四塩化炭素、1・2−ジクロロエタン、1・1−ジクロロエチレン、シス−1・2−ジクロロエチレン、1・1・1−トリクロロエタン、1・1・2−トリクロロエタン、1・3−ジクロロプロペン、ベンゼン)
・汚泥
(カドミウム、鉛、六価クロム、砒素、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、四塩化炭素、1・2−ジクロロエタン、1・1−ジクロロエチレン、チス−1・2−ジクロロエチレン、1・1・1−トリクロロエタン、1・1・2−トリクロロエタン、1・3−ジクロロプロペン、ベンゼン)
・廃酸
(カドミウム、鉛、六価クロム、砒素、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、四塩化炭素、1・2−ジクロロエタン、1・1−ジクロロエチレン、チス−1・2−ジクロロエチレン、1・1・1−トリクロロエタン、1・1・2−トリクロロエタン、1・3−ジクロロプロペン、ベンゼン)
・廃アルカリ
(カドミウム、鉛、六価クロム、砒素、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、四塩化炭素、1・2−ジクロロエタン、1・1−ジクロロエチレン、チス−1・2−ジクロロエチレン、1・1・1−トリクロロエタン、1・1・2−トリクロロエタン、1・3−ジクロロプロペン、ベンゼン)
圧縮 廃プラスチック類、紙くず、金属くず、ガラス及び陶磁器くず、コンクリートくず(これらのうち廃プリント配線板、廃容器包装、鉛蓄電池の電極、鉛製の管又は板、廃ブラウン管を含み、自動車等粉砕物、廃石膏ボード及び特別管理産業廃棄物であるものを除く。)
切断 廃プラスチック類、紙くず、金属くず、ガラス及び陶磁器くず、コンクリートくず(これらのうち廃容器包装、鉛製の管又は板を含み、自動車等粉砕物、廃プリント配線板、鉛蓄電池の電極、廃ブラウン管、廃石膏ボード及び特別管理産業廃棄物であるものを除く。)
固化 燃え殻(判定基準に適合しないものを含まない。)
汚泥(判定基準に適合しないものを含まない。)
ガラスくず・ニンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものを除く)及び陶磁器くず

ばいじん(判定基準に適合しないものを含まない。)これらのうち廃容器包装、鉛製の管又は板を含み、自動車等粉砕物、廃プリント配線板、鉛蓄電池の電極、廃ブラウン管、廃石膏ボード、石綿含有産業廃棄物及び特別管理産業廃棄物であるものを除く。

廃油・廃酸・廃アルカリ・廃プラスチック類・紙くず・木くず・繊維くず・動植物性残さ・ゴムくず・金属くず・鉱さい
混練 燃え殻(判定基準に適合しないものを含まない。)
汚泥(判定基準に適合しないものを含まない。)
ガラスくず・コンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものを除く)及び陶磁器くず
廃油・廃酸・廃アルカリ・廃プラスチック類・紙くず・木くず・繊維くず・動植物性残さ・ゴムくず・金属くず・鉱さい
ばいじん(判定基準に適合しないものを含まない。)これらのうち廃容器包装、鉛製の管又は板を含み、自動車等粉砕物、廃プリント配線板、鉛蓄電池の電極、廃ブラウン管、廃石膏ボード、石綿含有産業廃棄物及び特別管理産業廃棄物であるものを除く。

〜産業廃棄物収集運搬・広島県〜
株式会社山陽レック
Recycle Ecology Chemical center−
広島市安佐北区大林町字人甲6-1
TEL : 082-818-8002
Copyright © 2006-2010 Sanyo-Rec Co.,Ltd.All Right Reserved.